種類による違いと特徴

カップル

結婚相談所はバラエティーが豊かになっているので、比較して選びたいと思ったときにはまず種類について理解することが大切です。結婚相談所は基本的にはマッチングをして候補者を紹介し、お見合いの席を設けて出会いの機会を作るという仕組みになっています。このサービス体系になっている結婚相談所に限定して考えても、かなりたくさんのバリエーションがあります。登録できる対象者の違いがまず挙げられるでしょう。特に制限がない場合もありますが、年齢層を制限していたり、年収や趣味などで登録の可否を決定していることもあります。また、料金体系による違いもあり、月額固定料金で利用できる場合と、お見合い一回あたりいくらという形で費用がかかるところがあります。

登録制限がある相談所のサービス

説明婚活

年齢や年収などによって登録制限がある結婚相談所と制限がない結婚相談所を比較すると何が違うのでしょうか。サービス面を全体的に見てみると実はそれほど大きな違いがありません。マッチングをしてお見合いをセッティングしてくれるのが基本で、そのお見合いで互いに交際をしたいという結論に達したら成約費用を支払うという形になっています。しかし、マッチングサービスの部分に大きな違いが生じるので注意しましょう。マッチングの際に異性は登録制限によってあらかじめふるいをかけられています。好みの年齢層だけをターゲットにしたい、年収や趣味などにこだわりがあるという人にとっては魅力が大きいでしょう。相手もまた同じようにして登録制限に基づいたこだわりを持っています。互いに同世代が良い、同じ趣味を持っている人が良いという感じなら魅力的な出会いになって成婚に至ることができる可能性が高いでしょう。

料金体系によるサービスの違い

相談

料金体系が異なっている場合を比較してみると結婚相談所をどのくらい使えるかがかなり違います。月額料金が固定制になっている場合には、通常は月間で紹介してもらえる相手の数やお見合いができる回数が決まっています。その回数に到達しなくても問題はありませんが、超えることはできないのが原則です。あるいは超えてしまうとかなり費用負担が大きくなってしまいます。一方、最初から従量制になっている結婚相談所の場合には好みに応じて何度でもお見合いをすることも、マッチングをしてもらうことも可能です。時間があるときに積極的に婚活をしたいという場合には、月額固定制と比較するとかなり使いやすくて費用対効果も高くなると考えられるでしょう。

広告募集中